移動履歴の利用方法

移動履歴で出来る事

iPhoneの位置情報を用いて移動した経路をマップ上に表示します。
機能が少ないので説明するまでもない気はしますが、念のために…。

注意事項

  • GPS情報を利用するため、地下では利用出来ません。
  • 高いビルが周辺に多いと誤差が大きくなります。
  • 端末の充電は減りが早くなります。

各種機能

  1. 移動時のデータを記録する

    画面右下の「記録」ボタンをタップします。停止ボタンを押すまで保存を行います。

  2. 設定を変更する

    画面右上の「設定」ボタンをタップすると、位置情報を記録する際の設定を変更出来ます。

  3. 記録したデータを読み込む

    画面左上の「データ」ボタンをタップすると、記録したデータを見る事が出来ます。

  4. 記録したデータを削除する

    データ一覧画面で左にフリックすると削除ボタンが出ます。

  5. 記録したデータをファイル化する
    データを読み込みこみ後にアップロードボタンを押すとGPXファイルを生成します。GPXファイルの利用方法についてはこちらに記載していきます。

トップページに戻る